ネットビジネス全般

ネットビジネスで副業がバレるのを阻止するために必要な事とは?




藤田です。

 

ネットビジネスを副業で始めるにあたっていちばん

不安な点といえば、会社にバレないかどうかでしょう。

 

そして、世の中は副業容認の流れが出てきていますが、

ほとんどの企業は、まだまだサラリーマンの

副業には否定的なのが実情です。

 

また、厳しい企業では

「副業がばれた時点で解雇」という企業もあります。

 

しかし、今の世の中、

なにも行動しなければ所得は増えません。

 

「どうにかネットビジネスの副業を始めてみたい!」

 

「でも会社にばれたらどうしよう。」と

 

悩んでいるあなたに向けて、今回はネットビジネスの

副業を始めても会社にバレない方法を解説していきます。

 

ネットビジネスの副業が会社にバレるパターンを理解する

そもそも、ネットビジネスの副業を始めた場合、

なにが原因で副業が会社にばれてしまうのでしょうか?

 

自分で言いふらすような真似をしなければ、基本的にあなたが

副業を行なっていることなど誰も知る由もありません。

 

しかし、以下のパターンで、あなたが副業を

行なっていることが会社にばれてしまうこともあります。

 

では、具体的に説明していきますね。

ネットビジネスの副業がバレるのは住民税でバレる

まず一つめのパターンが住民税でばれるパターンです。

 

会社員であれば基本的に、住民税を含む税金関係は

会社の給与から天引きされて支払われています。

 

これを「特別徴収」といいます。

 

しかしネットビジネスで副業を行ない、

収益が発生した場合には確定申告を各自で行い、

収益に見合った税金を納付しなければなりません。

 

そして住民税は、収入に応じて金額が変わります。

 

つまり、副業で収入が発生した場合、会社でもらっている

給料と副業の収入を合算した金額に応じて

住民税が請求されることになります。

 

そうなると、会社の経理が給与明細を作成中に

「なぜかこの人、他の人より住民税が多い」と勘ぐられ、

副業がばれてしまう、というパターンが考えられます。

 

こういったパターンを防止する方法は、確定申告の際に

住民税の納付方法を「給与から差引」ではなく

「自分で納付」にチェックすることです。

 

つまり住民税を「特別徴収」から

「普通徴収」で支払うようにします。

 

これだけで副業が会社にばれることを防ぐことができます。

 

ネットビジネスの副業がバレるのは会社関係者に身元を特定される

あなたが作成したサイトやブログが偶然にも会社関係者が

アクセスして身元が特定されてしまう、というパターンです。

 

世の中には星の数ほどサイトやブログがあります。

 

実名や顔出しをしていない限り、知り合い

からの身バレは少ないとも思うでしょう。

 

しかし、サイトやブログに会社関係者しか

知り得ないような話や情報をうっかりと

書き込んでしまったりすると意外にバレます。

 

自分にとっては当たり前のように思っている知識や情報も、

実は世の中には知れ渡っていない知識や

情報であるということはよくあることです。

 

しかし、長らく一つの業界でサラリーマンをやっていると、

その業界での当たり前の知識が世の中の

常識だと思い込んでしまうことがあります。

 

そしてその知識を、うっかりネタとしてサイトや

ブログに書き込んでしまい、それが原因で会社に

身バレしたというケースも実際にあります。

 

なので、サイトやブログに書き込む時はそういった

部分も注意して書き込むようにしないとだめですね。

 

ネットビジネスの副業がバレるは特商法の記載

そしてネットビジネスの副業を行なっていく際、

情報商材販売やコンサルなどを手がけることもあるでしょう。

 

その際に必須となるのが「特定商取引に基づく表記」です。

 

特商法とよばれるこの表記は、ネット上でなにか

商品を販売する際には必須となります。

 

「仮名でいいのでは?」と思われるかもしれませんが

、特商法表記に仮名は許されていません。

 

つまり、

・販売者の本名

・住所

・連絡先

などを明記する必要があるのです。

 

この部分がネックになって副業を

ためらうという人も多いでしょう。

 

しかし、特商法の表記は目立たせる必要はないので、

商品販売ページの片隅に特商法ページのリンクを貼る程度で十分です。

 

そしてそのページを開く人もそこまで多くはありません。

 

ただ、本名と住所を晒すことには変わりなく、

そして万が一、名前で検索をかけられて

そのページがヒットしてしまえば、言い訳のしようもありません。

 

そのような事態を防ぐためには二つの方法があります。

・特商法のページを画像として載せる

・家族や親しい友人に名前を借りる

 

これら2つです。

 

では具体的に説明していきますね。

 

まず一つ目の方法が、

特商法のページを画像として載せることです。

 

つまりページに記載するのではなく、

あらかじめ作成している特商法の記載事項ページを

JPEGなどの画像として作成、保存して

その画像を特商法のページとして使用します。

 

単純ですが、これで名前を検索されても

ネット上に記載していないので、

ヒットされる可能性はかなり減ります。

 

そしてもう一つが、家族や親しい友人に名前を借りることです。

 

いわゆる「名板貸し」という方法ですね。

 

しかし、もしこの方法で副業を行うならば

、極力は身内にお願いする方が無難です。

 

なぜなら、ビジネスを行うとやはりお金が

発生することですので、親しいとはいえ友人に

頼むとあとあとトラブルの原因にもなりかねません。

 

ネットビジネスの副業はバレるリスクはあるが挑戦すべき

ここまで、ネットビジネスでの副業で会社に

バレるパターンと、それを防ぐ方法を解説していきました。

 

しかし、これ以外でも副業が会社にばれるパターンは

ありますし、完全に身バレを防ぐ方法は難しいのが現実です。

 

しかし、リスクだけを恐れて行動に

移らないのは非常にもったいないと言えますね。

 

現実問題、今の世の中はなにもしなければ

収入は増えませんし、ヘタをすれば減少にも転じます。

 

そうなった場合でも、収入を増やす

スキルを持っていれば動じることはありません。

 

また、ネットビジネスは誰でも始められて、

努力さえ怠らなければ大きく

レバレッジをかけて稼ぐことができます。

 

「ネットビジネスで副業を始めてみたいけど、

バレたらどうしよう」

考えている人は、リスクを必要以上に恐れず、

まずは一歩、踏み出してみましょう。

 

また、「理想のライフスタイルを作るための」

無料メール講座もやっているので興味がある方は

下記のフォームからご登録ください。

 

ではまた

 

何か質問や感想などあればご連絡ください。

以下のリンクから藤田に問い合わせできます。

基本的に24時間以内に返信しています。

藤田に問い合わせする