ネットビジネス全般

ネットビジネスで稼ぐには1日1時間集中するだけで稼げる




藤田です。

「今ネットビジネス実践中のあなたの時間を邪魔している人はいませんか?」

 

例えば、飲みに誘ってくる上司、

一緒に過ごす時間を増やしてほしいという彼女など、

楽しい時間を共有したいという気持ちから、

あなたの時間を削ってしまう人がいると思います。

 

また人情的にどうしても人と飲みにいくことや、

遊びにいくことを優先してしまいがちですが、

人間には大事なことは後回しにするという性質があり、

本当にしたいことが1ケ月経ってもできないということもあります。

 

それが結果的にネットビジネスで稼げないという状況につながっています。

1日1時間のエンペラータイムを作る

そこで、そんな方におすすめなのが、

「エンペラータイム」を作ることです。

 

エンペラータイムとは、無駄なことをせず、

作業に集中する絶対的な作業時間のことです。

 

このエンペラータイムを1日1時間は作ってほしいと思います。

 

なぜなら、私も昔は3時間〜5時間だらだらと作業していましたが

1日1時間だけみっちり集中して作業をした方が効率がいいことに気づき、

今では、1時間作業をしたらしばらく時間をあけて、また

1時間だけ集中して作業をするということを行なっています。

 

何時から何時までと決めて作業をする

しかし、エンペラータイムを作る上で注意してほしい点があります。

 

それは、何時から何時までと明確に時間を決めて行動することです。

 

例えば、エンペラータイムを夜に設定してしまうと、

仕事時間の影響を受けやすく、

作業時間を短くしてしまう場合があります。

 

また、モチベーションの維持も難しく、

エンペラータイム自体がなくなってしまう可能性も高いです。

 

エンペラータイムは早朝に設定する

そのため、必ず早朝に設定してください。

「早起きは眠たくてできない…」

 

その気持ちはわかります。

 

私も今はもう慣れて毎朝6時に起きて

ネットビジネスの作業にしっかりと

集中して作業できていますが、昔は起きるのがやっとでした。

 

また早朝に作業をしたほうが

いい理由は頭が最もさえているからです。

 

つまり、早朝に作業するということは

時間にも余裕ができ、いいアイデアが思い浮かぶということです。

 

そして世界の大富豪も早起きが多いというデーターが実際にでています。

 

また、早朝に設定した場合は、早起きが必要になってきます。

 

いつも7時に起きているのであれば、

5時半には起きて、1時間半程度の時間を

エンペラータイムに充ててください。

 

その時間に関しては、携帯の電源も切り、外部の声が

全く聞こえない時間を作ってください。

 

この時間を設定しておくことで、

「この時間は必ず作業をする」と自分の中でコミットしていきます。

 

初めのうちはつらいですが、1週間もすれば慣れてくるので

1日1時間だけでいいので、毎日続けておこなってください。

ネットビジネスで稼ぐには継続が大事

このエンペラータイムを設けることによって、

目の前にあるものをこなしていく力が身に付いてくるので

これを数か月続けていくだけで

かなりステップアップすることができます。

 

無理だとあきらめている方もまずは

毎日30分だけでもいいのでエンペラータイムを作って、

その時間は作業をするということをやってみてください。

 

そして毎日早起きを心掛け、携帯の電源も切り

1日1時間だけ集中して自分の中の

最大限の能力を発揮してください。

 

「本当に稼げるようになるの…」

 

サラリーマンの人は特に時間がないので、

1日1時間だけ集中して

作業するというのはかなり効果的です。

あわせて読みたい
副業でアフィリエイトは成功できるのか?サラリーマンでも稼げる方法教えます。藤田です、 副業でアフィリエイトを 成功できたらサラリーマンの人は会社を辞めたり 旅行に行ったりある程度自由な生活がで...

 

なぜならブログの記事なんか1時間あれば

2記事くらいは書けるので、

それを3ヶ月続けたら、180記事です。

 

そしてブログアフィリエイトなら

この辺りで10万や20万の

まとまった報酬が得られるようになります。

 

つまりエンペラータイムを作って1日1時間を

3ヶ月続けるだけで、確実に

ネットビジネスでお金を稼ぐことができます。

 

まずは、3ヶ月続けてみてください。

 

ではまた

何か質問や感想などあればご連絡ください。

以下のリンクから藤田に問い合わせできます。基本的に24時間以内に返信しています。

藤田に問い合わせする